転校してすぐに学校になじめる子供もいれば、なかなかなじむことができない子供もいます。 では、もし、子供がなじめない場合には、どうすれば良いのでしょうか? まず、大事なのが、なじめないからといって親が口うるさく「早く友達を作りなさい」などと言わないことです。 友達を作りたいと思っているけど作ることができない状況なので、そういった言葉を親から言われると、子供がショックを受けてしまいます。 そのため、安易に「友達を早く作れ」という言葉は言わないでください。 親が心配するのは当たり前ですが、その心配が子供に伝わってしまうと、子供はそれをプレッシャーに感じたり、申し訳ない気持ちでいっぱいになってしまいます。 そういった気持ちにさせないためにも、まずは子供の話を聞き、共感してあげるようにしてください。 学校になじめなくても、家ではリラックスできる環境を作ることによって、ポジティブな気持ちになることができます。 こういったことを意識して、子供と接するようにしましょう。